蜂の巣の駆除を行政に頼んだらどうなるのか?

蜂の巣が出来たらどのように退治しますか?まだ小さいときなら良いですが、蜂の巣が大きくなってしまったら自分の手には負えないときがありますよね。自分で蜂の巣を駆除しようとして刺されてしまったら大変なことになります。そこで、蜂の巣の駆除を行政にやってもらったらどうなるのか?について紹介したいと思います。

自治体の対応

実は蜂の巣駆除の行政や自治体の対応はその市町村によって違うのが現実です。昔は補助制度や駆除の無料サービスがあった自治体でも、近年は節税や財政難などの理由から廃止にするところも増えてきました。ですので、昔ほどは、蜂の巣の駆除をやってもらえないことが多いです。また、無料駆除や費用の一部を行っている自治体も制度やフォローの範囲は狭まってきています。ただ、蜂の巣駆除の依頼が多いのか自治体のホームページや広報には蜂の巣に関する案内が掲載されています。

保健所に電話をしたら?

また、別に保健所に連絡するという方法もあります。保健所が駆除を行うのではなく、保健所が委託した業者が駆除を行うといのが正しいです。費用の方は一定額かかる場合と、無料の場合があり、住んでいる地域によってさまざまです。また、駆除はしてくれないですが、道具などの貸し出しをしてくれる場合もあります。ほかにも蜂の巣の駆除をしてくれる業者の紹介、駆除にかんするアドバイスなどをしてくれることもあるので、その保健所によって対応が変わります。また、蜂の種類によって対応が違うこともあります。たとえばスズメバチは攻撃性が高く巣に近寄るだけでも攻撃してくるため、駆除をしてくれます。ですが、アシナガバチやミツバチなどは攻撃性が低いので駆除してくれない場合などがあります。このように、対応がはさまざまなのでとりあえず保健所に連絡してみるのもありです。

補助金のパターン

一つめは業者指定なしで補助金を出してくれるところがあります。補助金は駆除費用の2分の1程度、もしくは限度額5000円~10000円程度出してくれるところがほとんどなので、補助金があるだけありがたいですよね。次は自治体が指定している業者で駆除をすると補助金を出してくれるケースもあります。この場合は、駆除費用の2分の1もしくは限度額5000~10000円程度であることが多いです。そして、最後のケースは一定の金額を支払うと自治体が駆除業者を手配してくれるというパターンもあります。このように補助金といってもやり方は市町村によっても違うので聞いてみることをおすすめします。

まとめ

このように、蜂の巣の駆除について紹介しました。市町村によって対応がまったく違うということが分かったと思います。もし、蜂の巣が出来てしまったら住んでいるところの市役所などのホームページを読むか、電話をしたりすることが大切です。蜂の巣が出来てしまって悩んでいる方、出来たらどうしようかと迷っている方は参考にしてくださいね。