近所の家に蜂の巣がある場合の対応について

自分の住んでいる家に蜂の巣ができたら困りますが、それと同じかそれ以上に困るのが近所の家に蜂の巣ができているのを発見した場合です。もし蜂の巣ができていてそれが大きくなろうとしていたら、たとえ他人の家だとしても見過ごせません。また自分を含めた誰かが、蜂に刺されてしまう可能性もあります。そこで近所の家に蜂の巣ができているのを発見した場合と駆除について説明します。

隣の家に蜂の巣ができていたら駆除を打診

隣の家との近所付き合いがありますから簡単に伝えらえることではありませんが、隣の家に蜂の巣ができていたらできれば駆除を打診するのがおすすめです。もしかしたら隣の家の人は、蜂の巣ができていることに気付いていない可能性もあります。そもそも気付いていなければ、駆除にも乗り出してくれません。そこでまずは隣の家の人に蜂の巣ができていることを教え、それから駆除を打診すれば応じてくれる可能性が高いです。やんわりとでも良いので、まず伝えることが大事です。

蜂の巣が駆除されないのは危険

もしも隣の家との付き合いがそれほどないとコミュニケーションを取りにくいですが、蜂の巣をそのままにしておいて駆除されないのはやはり危険です。なぜなら蜂の巣がどんどん大きくなっていけば、それだけ人が蜂に刺されてしまうリスクも高くなるからです。早い段階で蜂の巣を駆除してしまえば、それで問題が解決します。もしも蜂の巣を放置しておいたせいで近所の誰かが蜂に刺されてしまったら大変ですし、そうならないよう未然に防いだほうが良いのは火を見るよりも明らかです。ですので隣の家の蜂の巣を発見した際は、大きくなる前に教えてあげたほうが良いです。

蜂の巣の駆除について近所同士で相談

家が隣り合って生活している以上、隣の家も含めて誰かの家に蜂の巣ができればそれは近所同士の問題です。一個人だけが関わっている問題ではありませんので、なるべく近所同士で相談して蜂の巣の駆除を前向きに検討するのが最も良い解決方法です。蜂の巣ができている家がすぐ蜂の巣の存在に気付いて対処すればそれで大丈夫ですが、気付かなかったり気付いていても対処が遅れてしまうこともあります。そんな時は蜂の巣の駆除について近所同士で連携し、よく相談したうえで蜂の巣を駆除すれば問題が解決しやすいです。どのようにすれば良いのか、よく相談することが重要です。

まとめ

いつの間にか隣の家に蜂の巣ができていたりなど、予測していなかった事態に巻き込まれてしまうことがあります。ご近所との関係がありますからそう簡単には踏み込めない場合もありますが、だからといって蜂の巣をそのままにしてしまうのは好ましくありません。蜂の巣が駆除されないのはとても危険ですから、しっかり対応を検討しないといけないです。